SEO事業部PC売るドットコムHOME > トピックス >  東日本大震災

水没パソコンの重要データを復旧

データサルベージコーポレーションは
2011年3月11日に発生した「東日本大震災」において、特に甚大な被害を蒙った東北地方の法人様や団体様、個人様を含む全てのお客様の「大事なデータ復旧」作業に全力で取り組んでおられます。

震災直後より、弊社エンジニアを被災地に最も近い仙台営業所に増員を行い、いち早く仙台営業所内に「クリーンブース」を設置して、水没した障害メディアの洗浄作業を迅速に行える体制を整えて、お客様からのデータ復旧依頼にお応えしておられます。

また、仙台営業所の設備でも解決が困難な場合には、より高度な設備が整う東京本社において、技術的対応を行い、ひとつでも多くの大事なデータ復旧が行えるよう万全の体制で取り組んでおられます。

SEO事業部 ではPCに関する情報を提供しています。

http://www.data-salvage.co.jp/disaster/

ピーシーアシストAIZU主催:被災地へパソコンを送ろう!

ピーシーアシストAIZU主催のプロジェクト「被災地へパソコンを送ろう!」

パソコンを被災地の学校、公共団体、避難所/ボランティア団体へ寄付します。

東日本大震災が発生し、岩手県、宮城県、福島県では津波により自治体の役所や学校のパソコンが滅失、使用不可能な状態になっています。復興第一段階から「復興を目指し動き始める」第二段階へ入ってきております。各社会福祉事務所及び、文部科学省『子どもの学び支援ポータル』を有効活用しネット環境の復旧が進んでいない学校を優先して環境整備を支援いたします。

http://helptohoku.pcassistaizu.com/shien.html

パソコン省電力化ソフト Optimal Green

東日本大震災に対する支援活動
みんなの力をあわせて節電を!!

Optimal Greenの無償配布を2011年4月末以降も、継続し東日本復興まで無償提供を行います。
 当初、計画停電が2011年4月までとの発表を受け無償配布時期を合わせておりましたが、夏季に向け電力供給不足の課題が未だ解消されておらず、復興の協力として、震災の影響による電力問題が落ち着き東日本が完全に復興するまで、無償配布を継続いたします。

パソコン省電力化ソフト Optimal Green

デル、イー・アクセス イー・モバイルのモジュール内蔵ノートPC100台を東日本大震災の被災地に無償提供

デル株式会社(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:ジム・メリット、以下デル)とイー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長 千本倖生、以下イー・アクセス)は、東日本大震災による被災地の復興支援活動として、イー・モバイル対応のデータ通信モジュールを内蔵したデルのノート PC 「Vostro™ 3500 イー・モバイル対応モデル」100台、およびイー・モバイルのデータ通信料 6ヶ月分 をセットにし、復興支援を展開する非営利団体( NPO/NGO)や被災地の避難所向け に無償提供することを決定しました。

( デル) http://content.dell.com/jp/ja/corp/d/press-releases/2010-09-07-dell-emobile-joint.aspx
( イー・モバイル) http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=792

岩手大学が被災地で利用するためのパソコンを募っています。

■岩手大学では、被災地で利用するためのパソコン、プリンタ等を募っています。
http://www.cande.iwate-u.ac.jp/rcrrm/ictiu/call4ict.shtml

■岩手大学ICT機器提供へ
届いたPCの様々なチェックや被災地に持ち込んでのセットアップ作業等、結構な労力かと思います。
提供する側も、「まだまだ現役で使える機器類」を「動作確認した上で」送るよう心がけたいです。

http://uec.iwate-u.ac.jp/ekis/diary.cgi?no=881

WiMAXによる被災地支援プログラムの実施

UQコミュニケーションズ株式会社は、東北地方太平洋沖地震の被災地の皆様および救助支援活動に携わられている皆様に、即座にインターネットが利用可能な、WiMAX(ワイマックス)によるブロードバンド・インターネット環境をお届けする「WiMAX被災地支援プログラム」を3月21日から開始しています。

WiMAXによる被災地支援プログラムの実施について